全ての英英選択式英語長文問題(センター第6問形式)を「解法メソッド」を初公開します!英英式長文問題超速解システム【超速解!!唐澤サミット式センター第6問(アウトプット練習)即効圧勝編(2008年〜2013年までのセンター第6問だけをカテゴリ化して網羅)超長文問題化する英語長文問題を完全制覇。TOEFL世界トップクラスの先生が自分だけで使ってきた実践的方法の公開を決意。私大・国公立2次でも有効です。

⇒ キャッシュバック還元額はこちら
全ての英英選択式英語長文問題(センター第6問形式)を「解法メソッド」を初公開します!英英式長文問題超速解システム【超速解!!唐澤サミット式センター第6問(アウトプット練習)即効圧勝編(2008年〜2013年までのセンター第6問だけをカテゴリ化して網羅)超長文問題化する英語長文問題を完全制覇。TOEFL世界トップクラスの先生が自分だけで使ってきた実践的方法の公開を決意。私大・国公立2次でも有効です。の商品ページ画像

センター英語長文問題第6問の悲劇とは、すべての英語長文問題の基本中の基本なんですよ。しかし、昨年の受験生から頂いたセンタ第6問でつまづいた話のいくつかを元に、近年の第6問を解く時の受験生の困難さをイメージ化してみました。センター模試の英語で、第1問から順番に解いたら、最後の第6問を解く時にすでに残り時間が10分くらいなので、頑張って読み始めたものの、気持ちが焦ってしまい何が何だがわからなくなってしまって適当にマークして終了したんですよ。上記のような経験を活かして、センター本試験では、第1問と第2問を8分ぐらいで解き終わり、いきなり第6問に飛んでしっかりと解いてみたんです。残り72分ありますが、第6問をきちんと訳しながら読み進めたので、それぞれの2~3行の文章づつを理解しながらすべて日本語に訳しながら読めたんです。しかし、それを段落ごとにまとめていくときや、構造問題をやるときにこの段落は一体どういう流れで何を言っていたんだっけとなってしまい、第6問をその度に読み返すことの繰り返しをやってしまったのです。また、第6問は、設問が多い上に、その選択肢が紛らわしいので、混乱→読み返し→選択肢の比較などを繰り返して、やっと第6問が終わった時点で気が付いたら残り時間が28分だったのです。これで一気にモチベーションが下がってしまい、とにかく早く解かないととあせってしまい、第3問を終了して、第4問の途中で時間切れとなってしまったのです。最後には、第4問の途中の制限時間残り6分あたりで、適当にマークをつけてマークシートを即効で埋めまくり英語科目終了となりました。最後に、とても重い敗北感を背負いながら、リスニングを終了させて帰宅したんです。そして、驚いたことに、第6問の英語問題文の日本語訳での理解は完全に近いくらい合っているのに、選択肢は全滅だったのです。ここまで英語問題文を性格に和訳して理解しているのに、どうして選択肢で間違ってしまうのでしょうか?残念ながら、英語問題文の正確な和訳は正解と同じではないという事実があります。だから、いくら英語長文問題演習をしても、意味がないんですよ。第6問題は、分量が多く、時間を気にしながら解かなくてはいけないので、焦りが余計に集中を邪魔してしまうように感じます。最近は、専門用語みたいのがあって折れてしまいます。第6問の2段落ぐらいまで読んでから問いをみますが全くわかりません。

<<セールスレターより>>

商品名(登録名称):

全ての英英選択式英語長文問題(センター第6問形式)を「解法メソッド」を初公開します!英英式長文問題超速解システム【超速解!!唐澤サミット式センター第6問(アウトプット練習)即効圧勝編(2008年〜2013年までのセンター第6問だけをカテゴリ化して網羅)超長文問題化する英語長文問題を完全制覇。TOEFL世界トップクラスの先生が自分だけで使ってきた実践的方法の公開を決意。私大・国公立2次でも有効です。

こちらの商材は、以下の理由等により対象外となります。
・アフィリエイト報酬が小額である
・発行者様の意向により取り扱いを中止している
・販売の一時的な中止または、終了した商品である

この商品が取り扱い可能となりましたら、ご連絡させて頂きますので、お気軽にリクエストして下さい

リクエスト商品名(必須):

ご連絡先メールアドレス(必須):



情報商材即日キャッシュバックの申請方法

ご利用上の注意事項を必ずお読み下さい
当サイトは手数料無料です(分割決済除く)
業界最安値宣言 ⇒ 詳細はこちら
※価格が値上げされていたり、購入画面に特典が表示されない等で
お困りの際はご連絡下さい。


→激安格安キャッシュバック特典付の購入はこちらから



ケニーリッチ情報商材即日キャッシュバックが選ばれる理由