日経225寄り引けソフト‐システマデイ‐

⇒ キャッシュバック還元額はこちら
日経225寄り引けソフト‐システマデイ‐の商品ページ画像

トレードマスターラボ日経平均先物で本気で勝ちたいと思っている方へ、半年の配信実績を 積んだシステムトレードが、遂に買い切りシステムとしてラインナップとなっているんですよ。この商品は、2019年7月31日まで先行 価格にて販売予定なんですよ。2019年8月1日以降は49,800円に値上がりするんですね。2019年2月に1度バージョンアップあるんですよ。 日経225mini1枚での取引実績となるんですよね。助言サービスラクトレで発生する報酬、証券会社への手数料は考慮していないんですよ。mini1枚で6カ月で316,500円の利益を獲得しました。ラージ1枚なら6カ月で3.165,000円の利益を獲得しているんですよ。ものすごく魅力的な実績を上げているシステムトレードを購入したが、始めた途端に負けだしたんですよね。購入したシステムトレードは半永久的に使えると思っているんですが、だけどいつまで優位性が続くのか、不明確なまま続けているなど一つでも当てはまる方は続きをぜひご覧くださいね。「システマデイ寄り引けシステム」はリアルトレードで実績を出してきたシステムなんですよ。バックテストの成績だけで、システムを選んでいるのではないですか。数多く世に出ているシステムトレードの中には、カーブフィットといって、ロジックを構築する際に過去の価 格データをもとに実績がよくなるよう条件をどんどん足していき、構築しているものもあるんですよね。カーブフィットさせすぎたシステムは、一見ものすごく良い実績に見えますが、実際にリアルトレードを始めた途端に崩れだすものが多いと言われているんですよ。この「システマデイ寄り引けシステム」は、2018年1月よりフォワード検証を開始し、2018年11月より弊社サービス「ラクトレ」の中でシグナル配信として、実際に会員の皆様にリアルタイムでメール配信をしていたシステムトレードなんです。ラクトレでは「システマデイ寄り引け」という戦略名にてシグナル配信しています。実際に投資家様に配信した実績があるので、カーブフィットさせた実績ではないんですよね。フォワード検証を開始した2018年1月以降の実績はこのようになっているんですよね。ラージ、miniの価格差、ロスカット設定などの兼ね合いから、2019年2月以降のラクトレでの配信実績とは一部成績に差があるんですよ。1年4カ月のフォワード実績、さらには半年の配信サービスでの実績を積んだシステムトレードなんですよ。今回、このシステマデイ寄り引けシステムを開発した日経225トレーダーなんですがもともと私はFXのEA開発からスタートし、12時間後のレートを予測するシステムを構築したんですよ。また、相場が大きく動いた時にかなりの高確率で利確できるトレンドフォローのシステムも開発し、利益を上げてきましたが、相対取引ゆえの不透明さに嫌気がさし、2006年より日経225のシステム開発に転換したんですよね。一般的なインジケーターを一切使用せずに独自のシステムを開発し、パラメーターの研究に没頭する日々を送ってきたんですよね。今回、その中でも私がロジック提供をしている、「ラクトレ」という日経225のシグナル配信サービスで実際に配信されていたんです。

<<セールスレターより>>

商品名(登録名称):

日経225寄り引けソフト‐システマデイ‐


発行者:トレードマスターラボ 堀田勝己

販売価格: 53,784円
↓↓↓
キャッシュバック即日還元額: 24,100円
通常10ポイント × 5倍 = 50ポイント獲得! (1pt=1円 ポイントについて
↓↓↓
キャッシュバック後価格: 29,684円

業界最安値宣言 他店より高ければお知らせ下さい ⇒ お見積りフォームへ



情報商材即日キャッシュバックの申請方法

ご利用上の注意事項を必ずお読み下さい
当サイトは手数料無料です(分割決済除く)
業界最安値宣言 ⇒ 詳細はこちら
※価格が値上げされていたり、購入画面に特典が表示されない等で
お困りの際はご連絡下さい。


→激安格安キャッシュバック特典付の購入はこちらから



ケニーリッチ情報商材即日キャッシュバックが選ばれる理由