【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム

⇒ キャッシュバック還元額はこちら
【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラムの商品ページ画像

介護福祉士試験に一発で合格したくないですか?空き時間を使って短期間で試験に合格できる方法があります。今から勉強をしても無理だと思っている、張り切っていろいろな教材を購入したが、膨大なページ数を見たら、一気にやる気がなくなってしまった、仕事が忙しくて勉強時間が足りない、何もできないままただ時間だけが過ぎて行ってしまう、何度も同じところで間違えてしまうので自信を無くしてしまった、正直なところ、何から手をつけていいのかわからず、毎日ただ焦ってばかり、知らない専門用語だらけで、何が書いてあるのかわからない、試験日はどんどん迫ってくるのに、勉強に集中できない、などお悩みはありませんか?介護福祉士試験は、技術や知識面だけではなく、コミュニケーション能力も必要なのが特徴です。また、法律や制度、制作についても出題されているので、介護福祉法だけではなく、衛生士法、理学療法士、作業療法士法などの制度についても勉強が必要となっています。この勉強量を続けるには、膨大な時間と強い忍耐力が必要なんですよ。しかし、試験範囲の知識を丸暗記できたとしても、介護福祉試験に必ず合格することはできるのでしょうか?丸暗記の勉強では、非効率な場合もあり、特に試験までの時間が限られている人にとっては、勉強効率の良し悪しが結果を左右すると言っても過言ではありません。短期間の勉強で介護福祉試験に合格するためには、試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方や覚え方を選ぶことが何よりも大切なのです。そこで、誰でも短期間の勉強で介護福祉士試験に合格するためのプログラムをご紹介しましょう。間違えた問題は、ポイント解説だけではなく、持っていたテキストで正答の根拠を探して、要点を書いて覚えるようにしたら、テキストの色々なところを見たために知識がついたんです。基本問題を2回行って、ギリギリだったのですが、5日前から完全予想模試3回分をやりました。この段階でも正答率は65%だったので合格には難しい状況でしたが、この危機感が最後の追い込みの力となったのです。前日は有給を取って、まとめと体調整備に専念し、先輩方の合格体験記を読みました。試験まで残り1ヶ月となり、過去問や掲載された問題集をやりましたが、結局介護分野も医療分野も遣り残しがありましたが、なんとか合格することができたのです。職場で知っている人は何も言わなくなり、だんだんと無理なのか不安でいっぱいだったのです。

<<セールスレターより>>

商品名(登録名称):

【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム

こちらの商材は、以下の理由等により対象外となります。
・アフィリエイト報酬が小額である
・発行者様の意向により取り扱いを中止している
・販売の一時的な中止または、終了した商品である

この商品が取り扱い可能となりましたら、ご連絡させて頂きますので、お気軽にリクエストして下さい

リクエスト商品名(必須):

ご連絡先メールアドレス(必須):



情報商材即日キャッシュバックの申請方法

ご利用上の注意事項を必ずお読み下さい
当サイトは手数料無料です(分割決済除く)
業界最安値宣言 ⇒ 詳細はこちら
※価格が値上げされていたり、購入画面に特典が表示されない等で
お困りの際はご連絡下さい。


→激安格安キャッシュバック特典付の購入はこちらから



ケニーリッチ情報商材即日キャッシュバックが選ばれる理由